幼い頃から「幼稚園の先生になりたい」という夢を持っていた私にとって、この仕事は何よりも楽しいものです。日々感動の連続ですし、子どもたちは泣いているときも、怒っているときも、どんなときだってかわいい。現在は主幹教諭として保護者対応業務が多くなっているので、保護者の方々が納得のいくまで不安や悩みを聞いて、子育ての喜びを分かち合えるよう心がけています。
姫路日ノ本短期大学は昔からとてもアットホームな校風で、先生や職員の方々と、学生との距離がすごく近いんです。私が学生だった頃から、困ったことがあれば気軽に相談できる雰囲気がしっかりと作られていて、いつも親身になって対応してもらえました。
現在は年に一度短大での研修会に参加させていただくのですが、今も変わらず居心地がよく、施設も充実していて、やる気があればいくらでも学べる、そんな環境が整えられていると思います。そして非常に高い専門性をもった先生方ばかりで深く学べ、即戦力として働ける力を身につけることができます。また保育コースで学ぶことの多くは、人と関わるための基礎とも言えます。もしも将来、子どもと向き合う仕事に就かなくても、親として、社会の一員として役立つ知識ばかりです。
学生のみなさんには、主体的に学びを深めていってほしいと思います。
恵まれた学生生活を送ってこれたことに感謝しております。