私には年の離れた弟が3人いて、弟たちの面倒を見ているうちに保育の仕事に興味を持つようになりました。高校生になる頃にはすでに気持ちが固まっていたので、日ノ本学園高校の幼児教育進学コースで学び、姫路日ノ本短期大学へ進学しました。高校から短大卒業まで、連続して音楽レッスンや付属幼稚園での実習など専門的な学びを深められたので、日ノ本を選んでよかったと思っています。
短大時代に特に思い出があるのは、図書室です。司書さんがよく声をかけてくださって、保育に使える絵本、季節にあった物語などを教えてもらいました。本当に知識豊富な方で、司書さんとお話しするのが楽しみでした。そのとき教えてもらったことは、いまも現場で役立っています。
その後、新卒であゆみ保育園に勤務し、今年で4年目になります。この園ではヨコミネ式保育を採用していて、体操や読み書き計算などを、それぞれの子どもの力に合わせて指導していきます。最初は覚えることばかりで戸惑いましたが、園の先生方がみなさん優しく相談に乗ってくださるので、なんとか慣れることができました。いまは5歳児の担任として、子どもの成長を実感できる毎日にやりがいを感じています。大変だけど、それ以上に楽しい仕事です。
保育園や幼稚園は、各々違った雰囲気や考え方を持っています。だからこそ、自分に合った園が必ず見つかるはず。日ノ本でたくさん学んで、夢を叶えてください。